zan yamashita_01
Other /

パフォーマンス&レクチャー「せきをしてもひとり」について

山下残

Performance & Lecture _About "It’s just me coughing" ― Yamashita Zan

日時

  • 2018.02.28(水) 〜 2018.02.28(水) 19:00-20:30

会場

旧横田医院(鳥取市栄町403)

料金

無料

フィールドワークやワークショップといった実践を通して、体験し、思考を深めることで新たな知を獲得するためのオルタナティヴなアートの学校「スクール・イン・プログレス2018」では、振付家・山下残さんを講師に6日間にわたる公開リサーチを行いました。この過程をふまえ、鳥取県出身の俳人・尾崎放哉の俳句をベースにした山下さんの代表作「せきをしてもひとり」についてのレクチャー&パフォーマンスを開催します。
身体表現の基礎である「呼吸」=せきと言葉の関係性を探りながら、言葉と身体、行為、さらにはダンス、演劇の上演について再考してみたいと思います。

=

山下残|パフォーマンス&レクチャー「せきをしてもひとり」について

日 時|2018年2月28日(水)18時30分開場/19時開演
会 場|旧横田医院(鳥取市栄町403)
定 員|30名(先着順)
参加費|無料

主 催|スクール・イン・プログレス実行委員会

企画・協力|HOSPITALE

アーティストプロフィール

IMG_1231
山下残 Yamashita Zan
1970年大阪府生まれ、京都市在住。 19歳からモダンダンスを始め、1991年には京都のダンスグループ「モノクロームサーカス」に所属、演出も手がける。振付家、演出家として実験的で野心的な舞台作品の発表を続ける。 2002年には、来場者に100ページの本を配り、観客がページをめくりながら本と舞台を交互に見る「そこに書いてある」を発表。 2004年には、尾崎放哉の俳句に発想を得て、呼吸の記号と俳句と身体をあわせて見る「せきをしてもひとり」で京都芸術センター舞台芸術賞受賞。 ほか、ダンサーの動きを言葉にして声にする「透明人間」など、言葉とダンスの関係性を探りながら作品制作を行う。また、近年は、ライヴ・アーツ・イン・バンコク(タイ)、クンステン・フェスティヴァル・デザール(ベルギー)、イスタンブール国際コンテンポラリーダンス・パフォーマンスフェスティヴァル(トルコ)、TABフェスティヴァル(アメリカ)、アブダビアート・ドゥラブ・アル・タワヤ(UAE)など海外での活動も多く、韓国、マレーシアなどで現地アーティストとのコラボレーションにも取り組んでいる。ワークショップも高く評価されている。

Albumアルバム

Diaryダイアリー