スクリーンショット 2019-09-13 13.01.25
Lecture Series / Public Talk

アートセンターという選択

小川希

はじめてのアート・プロジェクト トークシリーズ037|小川希「アートセンターという選択」 ― Nozomu Ogawa

日時

  • 2019.09.16(月) 〜 2019.09.16(月) 19:00-21:00

会場

旧横田医院(鳥取市栄町403)

料金

無料

吉祥寺に拠点を構える「Art Center Ongoing」は、いまの時代を担う必見アーティストを紹介するギャラリースペース、新旧アートブックの閲覧も可能な交流の場としてのカフェ&バースペース、そして独自のネットワークにより編纂した広範なアーティスト情報を提供するライブラリーブースを併設する芸術複合施設です。2008年のオープン以来、on going=現在進行形というコンセプトを軸に、同時代の表現に開き、挑戦し続けてきたそのオルタナティヴな活動は、2010年代・東京のアートシーンを一翼を担ってきました。
今回、同センターのディレクターである小川希さんをゲストに、その立ち上げから現在までのご活動についてお話を伺い、「アートセンター」という場が作られ、続く過程において何が起こり、発見・考察されてきたのか、その結果なにがもたらされ、それによっていかに発展・展開するのか、について考えながら、未来のアートセンターの可能性を検討する機会としたいと思います。

講師プロフィール

小川希 Nozomu Ogawa
1976年、東京生まれ。2001年武蔵野美術大学卒。2004年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2002年から2006年に亘り、大規模な公募展覧会 「Ongoing」を、年一回のペースで企画、開催。その独自の公募システムにより形成したアーティストネットワークを基盤に、2008年に吉祥寺に芸術複合施設Art Center Ongoingを設立。現在、同施設代表。また、JR中央線高円寺駅~国分寺駅区間をメインとしたアートプロジェクト「TERATOTERA(テラトテラ)」のチーフディレクターも務める。

Albumアルバム

Diaryダイアリー