IMG_6947
Archives Project /

アーカイヴス|8ミリフィルム公開鑑賞会

AHA! [Archive for Human Activities /人類の営みのためのアーカイブ]

アーカイヴス|8ミリフィルム公開鑑賞会 ―

日時

  • 2016.12.04(日) 14:00-16:00

※開場・受付は30分前となります。

会場

遷喬地区公民館(鳥取市本町1丁目109)

料金

無料(定員40名、先着順)

すみおれアーカイヴスでは、昭和30年代〜50年代にかけて家庭用に普及した「8ミリフィルム」というメディアに着目し、その収集を取り組んできました。鳥取で暮らす人々よって記録された8ミリフィルムには、昭和の町の風景や家族の営みの様子が残されています。
このたび、集まった8ミリフィルムおよそ80本の中からテーマに基づいて選りすぐった映像を上映いたします。当時撮影をした本人や映像の中に写っている家族や地域の方々が語り部となって映像を囲むことで、それぞれの記憶に眠るかつての街並みや人々の暮らしに思いを巡らせてみたいと思います。
今までにない映像体験を楽しみながら、新たな地域の魅力の発見を試みるこの機会に、ぜひお出かけください。

アーティストプロフィール

AHA! [Archive for Human Activities /人類の営みのためのアーカイブ]
市井の人びとによる記録や、想起という行為の価値を探究するアーカイブ・プロジェクト。記録と表現とメディアのための組織(remo)の事業の一つとし て、2005 年に大阪において始動。映像史上はじめてひろく普及した8 ミリフィルムというメディアに着目し、その収集・公開・保存・活用に取り組んでいる。自主企画のほかに、「古くて新しい出会 いの場」(大阪市浪速区 2009~11)、「みるみる だいご」(茨城県大子町2012~4)、「穴アーカイブ:an-archive」( 東京都世田谷区 2015~) などの住民参加型アーカイブを企画・運営。また、「第4 回福岡アジア美術トリエンナーレ2009」、「岐阜おおがきビエンナーレ2013」、青森市所蔵作品展「歴史の構築は無名のものたちの記憶に捧げられる」 (2015)、「カンバセーション_ピース」(武蔵野市立吉祥寺美術館 2016)などの展覧会に参加。取り組みごとに、現地の協働者とともにプロジェク トを進めている。ワークショップ(水戸芸術館 2014)やレクチャー(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2014)も多数実施。著書に『フィールド映像術』(2015 共著[ 松本篤として])などがある。

Albumアルバム

Diaryダイアリー