1
Lecture Series /

ロンドン・コーリング:イギリスの美術をめぐるシステム〜教育、美術館、画廊、コレクター

西田雅希

ロンドン・コーリング:イギリスの美術をめぐるシステム〜教育、美術館、画廊、コレクター ― Maki Nishida

日時

  • 2017.08.22(火) 〜 2017.08.22(火) 19:00-21:00

会場

SAKAE401(鳥取市栄町401)

料金

無料

国内外のアートの現場で活動する方々をゲストに迎え、それぞれの実践について、具体的な事例の紹介を通じて、アート・プロジェクトが抱える課題や未来のあり方について考えるトークシリーズの第25回目「ロンドン・コーリング:イギリスの美術をめぐるシステム〜教育、美術館、画廊、コレクター」を開催します。

90年代の「クール・ブリタニア」から20年、ロンドンは今なお世界のアートの中心地のひとつであり、その業界は美術館からパブリックギャラリー、画廊、有力プライベートコレクター、アートフェア、美術大学と、多様な要素で構成されています。
このたび、10年にわたってロンドンを拠点にさまざまなアートの現場で活動されてきたフリーランスキュレーターの西田雅希さんをお迎えし、「アート」をめぐる人の動きやシステムについて、日本の現状と比較しながらお話しいただきます。

 

 

アーティストプロフィール

makiphoto
西田雅希 Maki Nishida
フリーランス・キュレーター 慶應義塾大学文学部卒業、ロンドン大学UCL美術史学修士課程修了。2007年に渡英後、美術大学、美術館から商業画廊まで、公と民のさまざまな角度から教育、アーティストマネジメントと展覧会企画に携わる。2016年4月、あいちトリエンナーレ2016アシスタント・キュレーター着任を機に日本に拠点を移し、現在はフリーランスでキュレーションと執筆を行っている。近年の活動に、Tabakaleraリサーチ・レジデント・キュレーター(スペイン・サンセバスチャン、2016)、Devi Art Foundation + The Japan Foundation New Delhi共催展覧会「On Line Dot」キュレーター(インド・ニューデリー、2017)など。

Albumアルバム

Diaryダイアリー