azechi_catch
Lecture Series /

ヨーロッパコンテンポラリーダンスの現在

畦地亜耶加

Latest contemporary dance scene in Europe ― Azechi Ayaka

日時

  • 2018.03.01(木) 〜 2018.03.01(木) 19:00-21:00

会場

旧横田医院(鳥取市栄町403)

料金

無料

近年演劇や音楽、美術との融合が進み、多様化している「コンテンポラリー・ダンス」について、現在ドイツ(ベルリン)を拠点に活動する振付家/ダンサーの畦地亜耶加さんをお招きし、ヨーロッパのダンスシーンの今についてお話しいただきます。また、ご自身が現在関わるドイツを代表するダンスカンパニー「サシャ・ヴァルツ&ゲスツ」の活動をはじめ、ドローイングや即興演奏とのコラボレーション作品など幅広く伺いながら、ヨーロッパのコンテンポラリー・ダンスシーンの今を切り出します。

日時:2018年3月1日(木)19時〜21時
場所:HOSPITALE(旧横田医院) 〒680-0831 鳥取県鳥取市栄町403
定員:30名
料金:無料
進行:木野彩子(踊子/鳥取大学地域学部附属芸術文化センター講師)

アーティストプロフィール

azechi
畦地亜耶加 Azechi Ayaka
1983 年東京生まれ。幼少よりモダンダンスを加藤みや子に師事。2003 年から伊藤キム+輝く未来に出演。2007 年度、笠井叡舞踏学校を一期生として修了。2007 年埼玉全国舞踊コンクール、第2位受賞。2008 年度文化庁在外派遣研修員として渡独。2011 年度ポーラ美術振興財団在外研修員。 2009 年より現在、ドイツのベルリンに在住。ドイツのダンスカンパニーSasha Waltz&guests のレパートリーダンサーとして欧州を中心に世界各国ツアーにでている。プロジェクト”Dialoge 09-Neues Museum”(ベルリン)、"Dialoge09-MAXXI"(ローマ)に出演、現在は5つの作品企画"continu",”Roméo et Juliette”,”Sacre”,”Matsukaze”,”Dialoge” に契約、出演中。2018 年にはサシャワルツ振り付けのオペラ作品” 松風” に村雨役として出演し新国立劇場にて来日公演を行う。 また自作品の創作発表も行い、多ジャンルのアーティストとのコラボレーション作品を世界各地にて発表している。近年の代表作品としてはドローイングアーティスト中原一樹との作品”vergänglich”、”O"、をベルリンとアッシジで発表。2013 年、現代美術家の福永敦との作品"Dance in the dark" をベルリンとアサヒアートスクエアにて発表。2014 年、現代美術家の福永恵のインスタレーション作品の中、ソロパフォーマンスをザルツウェーデルの教会にて発表。2015 年にSasha Waltz のダンサーMaria Colusi、作曲家Edgardo Rudnitzky、ドローイング作家中原一樹との『Topo』をベルリンで発表。

Albumアルバム

Diaryダイアリー