IMG_6460
Communiry Garden Project /

生意気の庭づくり・2015春ーOPEN OVEN!!!

生意気

生意気の庭づくり・2015春ーOPEN OVEN!!! ― namaiki

日時

  • 2015.03.25(水) 〜 2015.03.30(月) 10:00-18:00

会場

旧横田医院(鳥取市栄町403)

料金

無料(食べ物差し入れ大歓迎)

昨年3月から開始した生意気の庭づくりプロジェクトから1年。再び生意気と愉快な仲間たちが鳥取にやってきます!今回は「OPEN! OVEN!!!」ということであったくて、おいしくて、ありがたい!アースオーブンづくりを行います。土や砂、竹、稲わらといった自然素材でつくるエコオーブンが、コミュニティの中心となり、みんなで楽しみながらつかっていけたらいいな、と思っています。※毎日夕方からは、見本のアースオーブンに点火し、ピザパーティー!どなたでもご参加いただけます。

・オーブンの材料を調達!
3/23 (月)時間 10:00-18:00
オーブンの見本を庭に設置、鳥取のオーブン用の材料(粘土、砂、稲わら、籾殻、竹)の調達しに山へ向かいます。

・材料の調達探しにフィールドワーク@大山町ジュピタリアンヒル
3/24(火)時間 10:00-18:00
生意気の庭づくりの二日目は、大山の源流系工作場・ジュピタリアンヒルの山之内さんをゲストに、窯の雨よけ小屋のデザインを考えたり、小屋をつくるための材料を調達しに山に行ったりします。うまくいけば、窯をつかったピザづくりも楽しめるかも!

・オーブンづくり&小屋づくりワークショップ
3/25(水)時間 10:00-18:00
あったかくて美味しくて楽しいアースオーブンづくりと雨よけの小屋をつくります。土や藁など、オーブンベースになる素材を使って下地をつくります。小屋づくり班は、素材探しに大山や川原まで出かけます。

・オーブンづくり&小屋づくりワークショップ
3/26(木)時間 10:00-18:00
あったかくて美味しくて楽しいアースオーブンづくりと雨よけの小屋の制作を進めます。今日は、入口の煉瓦積みや砂型づくりを行います。自然の枝の造形を生かした雨よけ用の小屋づくりもあわせて行います。

・公開インタビュー「生意気はみんなと何を生み出すのか?」
3/26(木)時間 19:00-20:30
近年、アートやまちづくりなどさまざまなジャンルで「協働」の役割や力が注目されています。2014年よりホスピテイルの庭づくりプログラムに関わるアーティスト・ユニット「生意気」もまた、プロジェクト毎にさまざまなスペシャリストが集まり、その活動を通じて人々が集まる「場づくり」を手がけてきました。
今回のオープンインタビューでは彼らの活動やそのコンセプト、「協働」することの意義や未来のヴィジョンについて、社会学者の小泉元宏氏の進行によりお話していただきたいと思います。

インタビューアー:小泉元宏(社会学者・鳥取大学地域学部准教授)
企画:アート・スタジオ_fuka-hire
※主催:鳥取大学五島研究室 芸術による地域再生を担う人材育成事業

・オーブンづくり&小屋づくりワークショップ
3/27(金)時間 10:00-18:00
ドーム型の砂型の上に保温土壁の1層目と2層目を塗っていきます。同時並行で、雨よけ用の小屋づくりの大工仕事も行います。

・オーブンづくり&小屋づくりワークショップ
3/28(土)時間 10:00-18:00
ドーム型の砂型の上に保温土壁の3層目と4層目を塗っていきます。同時並行で、雨よけ用の小屋づくりの大工仕事も行います。いずれも、汚れてもよい服装でお越しください!

・杉玉づくりワークショップ
3/29(日)時間 10:00-18:00
伐採された杉の葉を使ってオリジナルの杉玉を作りましょう! 時間が経つと杉の葉の緑が変化していきますので、一年かけて色のうつりかわりを楽しめます。

・オーブンづくり&小屋づくりワークショップ
3/29(日)時間 10:00-18:00
ドーム型のオーブンにぴったりのフタをつくって完成へ!また、ピールづくりも行います。雨よけ用の小屋づくりも最後の仕上げにかかります。大工仕事の得意な方のご参加・助っ人大歓迎!

・トークセッション「まちの贈り物 ~遊休不動産(あるもん)を活用したまちづくり」
3/29(日)時間 16:00-18:00 場所:SAKAE401(鳥取市栄町401本通りビル3F)
まちには、たくさんの空き家があります。空き地があります。人が減り、どんどん空き家が増えていく、放っとくと危険なことになったりします。と、言われると、とても心配でとてもさみしい気持ちになります。
でも、これら「空き」=遊休不動産をまちの贈り物として捉え、使い方、考え方、感じ方次第で、空いてくれてありがとう!とうれしい気持ちを生み出すことも可能なのです。
まちの贈り物をどのように活用するか、一緒に考えてみましょう!
備考:子どもスペースを設置します。
※イベント中子供のたちの元気の良い声が響くかもしれませんがご了承ください
※住もう鳥取ネット、mamada-coとの共催イベント

タイムスケジュール
16:00-16:20「遊休不動産にコミュニティガーデンをつくるはなし」生意気(アーティスト)
16:20-16:40「あるものを使う「ALUMONDE」の取組み」トークゲスト 「神澤則夫(NPOトージバ事務局長)」
16:40-16:50「とっとリノベーションする話」池上紗織(鳥取家守舎)」
16:50-17:00「遊び場不動産の話」三宅航太郎(うかぶLLC)
17:00-17:20 質疑 (休憩)
17:20-18:00 トークディスカッション「まち、ひとをリノベーションする話」(4者と会場による)

ゲストプロフィール
生意気:70 年ニュージーランド生まれのデイヴィッド・デュバル=スミスと、66年イギリス生まれのマイケル・フランクによるグラフィック、映像、立体等を手掛けるクリエイティブユニット。グラフィックを中心に、ハードなゴスペルミュージックや大工仕事、ガーデニングなど、持ち前の遊び心を活かして幅広く活動している。

神澤則夫:2002年9月よりこれまで、トージバが取り組んできたことは、特に若い人に向けて、都市部と農山村のコミュニケーションの弊害になっているさまざまな問題(人、農、食、リサイクル、ものづくり、文化、環境問題、エネルギー、ゴミなど…)を提起。農山村に住んでいる方々とのネットワークを広げながら、 都市生活者に「農」を中心としたライフスタイルを提案。東京近郊地域でその「キッカケ」と実践していく「場」をつくっている。

池上紗織:2014年11月開催のリノベーションスクール@鳥
取の開催をきっかけに遊休不動産の活用することにより、「楽しく暮らす」を実現する「鳥取家守舎」のメンバーとして、スクール対象案件の事業化やその他起業者のサポート、空き物件情報を収集などを行っている。

三宅航太郎:2012 年に「うかぶ LLC」 を蛇谷りえと共同で設立し、湯梨浜町にてゲストハウス&カフェ「たみ」を開業。その他、遊休物件をたのしくあそぶ「とっとりあそびば不動産」のプロジェクトなど。個人では、30年放置された豚小屋を借り受け、複合スペースBUTTEを運営。

・オーブンづくりと庭のお手入れ
3/30(月)時間 10:00-18:00
オーブンと小屋の完成にあわせて、庭のお手入れを行います。椅子やテーブル、テントを配置し、心地いい庭をみんなでつくりましょう!

・MYSTERY TOTTORI RESEARCH
3/31(火)時間や内容はお問い合わせください。
まだまだ奥深い鳥取という地域を生意気と一緒に探索……

アーティストプロフィール

生意気 namaiki
1970年ニュージーランド生まれのデイヴィッド・デュバル=スミスと、1966年イギリス生まれのマイケル・フランクによるグラフィック、映像、立体等を手掛けるクリエイティブユニット。グラフィックを中心に、ハ ードなゴスペルミュージックや大工仕事、ガーデニングなど、持ち前の遊び心を活かして幅広く活動している。

Diaryダイアリー